福袋の歴史

福袋の歴史を知っていますか?

福袋の歴史は意外と浅く、近代の文化が形成させて同時に発展してきたと言われています。
正確な起源は不明ですが有力な説は明治44年の松坂屋と明治40年の松屋と言われています。

ただ、いずれにしても明治末期、時代は文明開化を終えハイカラなファッションや生活が憧れの的になり
西洋の文化の影響を大きく受けて安定した頃になります。

江戸時代くらいからあったのかと思ったら、そうでもないんですね。

ただ正月に縁起担ぎで商品を購入するというスタイルは広く日本人に受け入れられたようで
昭和になるとほとんど全国のデパート、百貨店で販売されるようになりました。

1980年台に入ると福袋商戦は激化します。
お得感と中に何が入っているかわからないドキドキ感を上手に煽って
開店前のお店には何千人もの長蛇の列ができたりします。

1990年台になると高額な福袋が出まわってきます。
ブランド品を福袋に入れ数十万円するような福袋が飛ぶように売れた時代です。

一方で福袋の中身はだんだんと変化してきました。

それまではお店で売れ残った商品を集めて安く提供することで
在庫処分が大きな目的であった福袋は
それ自体が集客に使えると企業側が目をつけ始めます。

福袋を購入するために何千人もの列ができた。
中身に非常に高価なものが入っているのに驚くほど安い。

様々な差別化を図り集客のために福袋は変化を遂げます。

そして中身自体が注目されるようになります。

2000年台になるとネットでのショッピングが当たり前の時代に突入しました。

こうなると中身に何が入っているのかが事前に判ることが自然と前提になってきます。

ネタバレの登場です。
通販の売上げが急増する近年ではショップは様々な方法で福袋の宣伝を行うようになりました。

現在の主流としては11月の下旬から12月上旬には福袋の中身が紹介され
予約販売が開始されると言った感じで
年内のなるべく早い時期に売上げの状況を見る感じになっています。

いずれにしても以前のように人気がなく売れ残ったような商品を福袋に入れていたような時代は終わり
福袋の質でショップの人気が左右されるくらい、その位置づけは非常に重要になりました。

福袋で失敗しにくくなった時代なので、有効に使わない手はないと思います。